水のトラブルが起きやすい場所と原因、お手入れ方法

水のトラブルが起きやすい場所と原因、お手入れ方法 水の使用量が増える季節は、水のトラブルも多くなりがちです。よくあるのは蛇口や排水設備からの水漏れや詰まりで、特に水漏れは頻繁に起きています。特に築年数が経っている古いマンションの場合、気づいたときには廊下やエントランスが水浸しになっていたということもあります。
水道管や水道が老朽化したために起きる水漏れ事故は、火事と違って消防車を呼ぶことはないので、あまり人目につくことはありませんが、火事よりも多く発生しています。そのため、水漏れ事故に備えて保険に入る方もいるほどです。家の中で水漏れや詰まりなどの水のトラブルが起きやすい場所を日ごろから点検し、お手入れをすることで水のトラブルを予防するようにしましょう。

■キッチンの水のトラブル

キッチンの蛇口は単水栓と混合栓があり、それぞれ壁付けタイプと台付けタイプに分かれます。単水栓はコマのパッキンが劣化すると、パイプの先やハンドルの締め過ぎによる損傷が水漏れの原因になります。混合栓は切替部分が劣化すると、パイプの先やシャワーから水漏れする原因になります。
キッチンはシンクのくもりや排水口のぬめり、水アカ汚れや生ごみが加わり、排水の詰まりを引き起こします。お手入れの基本は、毎日の汚れをその日のうちにきれいに落とすことです。こまめに水滴を拭き取り、油汚れはぬるま湯を使って落としてください。蛇口に取り付けるだけの節水コマは、節水効果が高いのでおすすめです。

■トイレの水のトラブル
洋式トイレには水たまり面が広いタイプ、洗浄水量を抑えるタイプ、温水洗浄便座などがあります。トイレの詰まりは便器と汚水管の2種類があり、汚水管の詰まりは専門業者に依頼するしかありません。便器の詰まりも上手く処理できなかった場合、汚水管の詰まりの原因になるので、専門業者に依頼した方が確実です。
便器の水たまりが減ってきた場合は、補給水がされていない可能性があるので、オーバーフロー管に穴が開いた突起部があれば、ゴム管の先を交換します。温水洗浄便座は電化製品なので、故障は避けられません。乱暴な取扱いをせず、こまめに掃除し、汚れやホコリによって起きる故障トラブルを防ぎます。リモコンやノズル、給水フィルタなど、基本的な部分をチェックしてください。

■浴室、洗面所の水のトラブル

浴室の排水溝には主に石鹸や皮脂、シャンプーなどが含まれた汚水が流され、お手入れの頻度が低い場合や、風呂場や排水溝周辺の温度や湿度が高い場合に排水溝が汚れます。排水溝に臭いを遮断するトラップという装置があり、浴室の排水の詰まりはトラップ部分で多く起こります。ゴミ受けカゴを外すと取っ手の付いたお椀の重りがあるので、お椀を外して掃除してください。
入浴後に小さなビニール袋を手袋代わりにして、排水溝の髪の毛や汚れを掴むと、手を汚さずに掃除できます。また、排水トラップ部分に水が十分溜まっていれば、排水溝の臭いはしませんが、浴室をしばらく使用しない、掃除のときに水を一緒に拭き取ってしまうと臭いが上がってくるので注意してください。

■まとめ
毎日、何気なく使用している浴室、洗面所、トイレの蛇口には耐用年数があり、5から10年程度とされています。家の中の水回り設備が一度に寿命を迎えることはありませんが、生活環境や使用頻度によって水のトラブルを起こす度合いが高くなります。そのため、日頃から点検をしておくとトラブルを予防できます。
また、排水設備も使用環境やお手入れの頻度によって、詰まりなどのトラブルの度合いが変わってきます。他にも洗面所や排水溝に指輪を落としたなど、突然のトラブルもあります。普段から水回りのトラブルに備え、基本知識と対処法を学び、お手入れを怠らないようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース