水道管が凍結する水のトラブルの対処法と予防の仕方

水のトラブルには気候が大きく関係しており、寒い冬や暑い夏にトラブルが多くなります。特に水道管の凍結は水が使えなくなり、水漏れも発生するというやっかいなトラブルです。誤った対処をすると水道管の破裂にも繋がるので、正しい対処法と予防の仕方を紹介します。

■冬は一年で一番水のトラブルが多い

水のトラブルが一年で一番起きやすいのは冬で、次に起きやすいのが夏です。水道配管は外気温に左右され、外の気温が低いと水温は低くなり、外の気温が高いと水温は高くなります。最近の水道管は樹脂製を使用していますが、以前の水道管は鉄製が多いため、水温が高い夏場はサビやすく、水温が低い冬場は急激に冷やされ、ひび割れを起こしやすくなります。
水道管が凍結すると水が出なくなってしまい、水が出始めたら蛇口から水漏れが発生することもあります。気温の熱変化で蛇口の金属劣化が進んだためです。水道管が凍結すると、他の水のトラブルが立て続けに起こる特徴があります。

■水道管が凍結したときの対処法と予防の仕方

水道管が凍結したときに絶対にしてはいけないのは、外の水道管に熱湯をかけたり、ドライヤーで温めたりすることです。多くの場合、水道管が破裂してしまいます。一度、水道管が破裂すると、自分では対処する方法がなく、専門業者に来てもらうしかありません。ただ、水道管の凍結はその周辺一帯の家庭で同じように起きているため、依頼が殺到し、すぐに修理に来てもらうことが難しいです。
そのため、漏れた水道代も修理費と別に負担することになります。自治体によって減免処置もありますが、全額免除はしてもらえません。水道管の凍結を防ぐには、降り始めた雪が積もりそうなときは、蛇口から水を糸のように出し続けることです。

■まとめ
水は流れていれば、凍結しにくい性質があるので、家の中の蛇口から水を少しずつ出し続けるだけで簡単に凍結を予防できます。雪が降り始めたら、その日の深夜まで実行してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ